医者

無呼吸症候群などの病気からカラダを守ろう|早期発見で元気な体

注意したい病気

看護師

更年期障害の影響で糖尿病になる事を防ぎましょう。食事の改善や制限、運動などで肥満になる事を抑えられます。糖尿病になりますと治療も大変苦痛になりますが、合併症も危険です。更年期障害の対策と併用されて糖尿病対策もしましょう。

Read More

卵巣に発生するがん

寝る

発症しやすい人

卵巣の主な働きは女性ホルモンを分泌し、成熟した卵子を周期的に放出(排卵)させることです。排卵の際、卵巣の表面が傷つくことが卵巣がんの発症に関係していると考えられています。そのため初経が早かったり、閉経が遅かったりする場合や、出産回数が少ないといった排卵回数が多い人程卵巣がんのリスクが高まるといわれています。また卵巣がんは乳がんを引き起こす遺伝子の異常もかかわっているとされています。親や親族で乳がんや卵巣がんにかかった人がいる場合は注意が必要です。卵巣がんを発症するピークは50〜60歳代ですが、40歳代から増え始めます。卵巣がんの初期は自覚症状がほとんどありません。お腹が張るなど腹部に違和感があれば早めに受診するようにします。症状が進むと膀胱が圧迫され頻尿になったり、下腹部にしこりを感じたりするケースもあります。

治療と術後注意すること

卵巣がんの治療は手術で取り除くことが基本となります。このことでがんの進行や転移を食い止め、切除した組織の検査ができ、がんの進行度を知ることができます。がんが片側の卵巣だけにとどまっているケース以外は手術に加えて化学療法を行ないます。化学療法の計画は手術後の検査で組織型を確認してから立てられます。他のがんで行なわれている放射線療法は卵巣がんでは効果があまりみられないため、殆ど行ないません。手術後注意すべきことがいくつかあります。閉経前の人が卵巣を取ってしまうことで卵巣機能がなくなってしまいます。そのためにエストロゲンが分泌されないので更年期障害のような症状が現れる場合があります。またエストロゲンは骨を壊す破骨細胞の働きを抑える作用があります。しかし、これが分泌されないことで骨粗鬆症が起こりやすくなります。さらにエストロゲンが分泌されないことで血中悪玉コレステロールが増える脂質異常のリスクが高まります。これらのことから生活習慣や体調管理に気を配る必要がでてきます。

卵巣がんの他にも、恐ろしい病気として挙げられるのが、無呼吸症候群です。無呼吸症候群も立派な病気であるため、しっかり病院で検査してもらうようにしましょう。

量により異なる

マスクをした女性

甲状腺の病気であるバセドウ病は消費カロリーの増加により痩せ、昜疲労感症状が問題となる。しかし一般の方が少しばかり甲状腺ホルモンの分泌を増やすことでダイエットにつながるのではないかという試みがされている。

Read More

入院期間が短い

カウンセリング

PLDDは気軽に行える手術です。内視鏡と組み合わせてレーザーで患部の治療を行います。傷口が小さく日帰りでも手術は行えるものです。PLDDの翌日は医師に診察してもらうことが必要になるのです。術後の経過観察が必要になる手術を受けた後だからです。

Read More