2人の看護師

無呼吸症候群などの病気からカラダを守ろう|早期発見で元気な体

入院期間が短い

カウンセリング

傷口が小さい

整形外科の手術ではPLDDを使う病院が多くあります。PLDDはレーザーを利用した医療器具です。手術では内視鏡と組み合わせて使われています。内視鏡は患部の数カ所から内視鏡の器具を挿入して手術は行われます。内視鏡と同じようにPLDDを挿入し手術は行われていきます。切開して患部をあける方法に比べると傷は小さくなるのです。傷が小さいということはPLDDを利用すればすぐに退院が出来ます。しかも入院費や手術費の合計は以前に比べるとかなり安く済みます。経済的な負担も軽くなっていきます。入院しなくても日帰りで出来る病院もあるのです。仕事の合間を見ながら治療が気軽に行えることになっていくのです。

簡単だからこそ

PLDDは簡単に行えるというイメージを持つ人は多いのです。レーザーを使い患部を治療していくことになるのです。すると小さな神経の治療を内視鏡の操作を行いながら進めていく治療を行ったことになります。小さな傷口から小さな神経を切り取る手術を行った後は安静期間が短い分患部のアフターケアが行き届かないことがあります。術後の経過観察が必要になります。が仕事が忙しく診察に行くことを伸ばしてしまう可能性が伺えます。この点は注意しないといけません。どんなに小さな虫歯の手術を受けた後でも歯科に翌日は行き確認してもらうものです。これと同じように日帰りで行った術後なら翌日は医師に診察してもらうことが必要になってくるでしょう。